遺産相続権はどこまであるのか?

法定相続人として遺産を相続できるのは、故人との関係が近い一定の範囲の親族に限られます。 親族であれば誰でも法定相続人になるわけではなく、法定相続人になるのは「配偶者」「子」「親」「兄弟姉妹」です。 そして、法定相続人の範囲に含まれるこれらの人の中でも、相続人になる順位が決まっています。

遺産相続の権利は何親等まで?

法律上、何親等までという限界はありませんが、第1順位の相続人の全員が相続放棄をして相続人がいなくなってしまった場合、第2順位の相続人が遺産を相続します。 ここでも、最優先は直接の親ですが、両親がいずれも相続放棄をすれば祖父母が相続人となります。

親 相続 どこまで?

親が本人より先に死亡していたら、「祖父母」が相続人になります。 祖父母も死亡していて曾祖父母がいたら、曾祖父母が相続します。 子どもなどの直系卑属も親などの直系尊属もいない場合には「兄弟姉妹」が第3順位の相続人です。 兄弟姉妹が本人より先に死亡していれば、その子どもである「甥姪」が「代襲相続」によって相続人となります。

相続はどこまでさかのぼるのか?

相続手続きの際にどのような相続事案でも必ず要求される資料が被相続人(お亡くなりになった方)の出生から死亡までの戸籍です。 出生とは、0歳児のときの戸籍です。 最初に名前が記載された戸籍です。 そのため、被相続人の戸籍については、0歳児まで遡るということになります。

放棄した相続はどうなる?

先順位の相続人全員が相続放棄をすると、後順位の相続人に相続権が移ることになります。 しかし、先順位の相続人が相続放棄をしても、裁判所から次順位の相続人には連絡されません。 そのため、相続放棄をする際には、次順位の相続人に事情説明をしておくことが望ましいでしょう。

相続の優先順位を兄弟・子ども・孫・祖父母など法定相続人のパターン別に解説

相続放棄の直系尊属はどこまで?

民法では、誰がどのくらいの割合で相続できるのかという目安を定めています。 この相続できる割合を法定相続分といいます。 直系尊属の法定相続分は、父母のみが相続人のときは父母で遺産の1/2ずつ相続し、配偶者と父母が相続人となるときは配偶者が遺産の2/3、父母は遺産の1/3を2人で等分にして相続することになります。

相続放棄した場合 どこまで?

子が相続放棄した場合

第1順位の子が相続放棄をすると、第2順位の直系尊属(親や祖父母)が相続権を取得します。 直系尊属がいない場合は、第3順位の兄弟姉妹が相続権を取得します。 兄弟姉妹が先に亡くなっていれば、その子(甥や姪)が相続権を取得します。

家の相続 誰?

第一順位=第一順位の相続人は、亡くなった人(被相続人といいます)の子です。 子が相続開始以前に亡くなっている場合は、孫が相続人になります。 これを代襲相続人といいます。 第二順位=被相続人に子がいない場合、第二順位で相続人になるのは、被相続人の両親や祖父母です。

相続放棄 いつまでできる?

相続放棄ができる期間(いわゆる「熟慮期間」)は、「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3カ月とされています(民法915条1項本文)。 相続放棄をする場合は、原則としてこの熟慮期間内に、家庭裁判所に対する申述を行わなければなりません(民法938条)。

遺産相続の費用は誰が払う?

一般的には、その不動産を相続で取得する人が負担することが多いといえます。

相続 どうやる?

遺産相続の手続き一覧と期限
  1. 【1】遺言書の有無を確認する
  2. 【2】相続人の調査・確認
  3. 【3】相続財産の調査
  4. 【4】遺産分割協議
  5. 【5】単純承認・相続放棄・限定承認の選択
  6. 【6】相続税の申告
  7. 【7】遺産分割協議書の作成
  8. 【8】相続登記

相続放棄 何位まで?

よって、相続放棄が続く範囲は、兄弟姉妹(及びその代襲者である甥・姪)まで、ということになります。 質問の多い孫については、上記のとおり、孫の親(被相続人の子供)が相続放棄をしても相続権は回ってこないため、相続放棄の手続きは不要です。 既に親が亡くなっている場合等で孫が代襲相続人の場合は、相続放棄の手続きが必要です。

兄弟 代襲相続 どこまで?

兄弟姉妹に相続権がある場合、その「子供」も代襲相続の範囲に含まれます。 つまり、被相続人の「甥・姪」にあたる人たちです。 民法889条で代襲相続が認められているため、甥や姪が相続人となりうる可能性があります。

相続放棄した借金は誰が払う?

全員が相続放棄すると借金はどうなる? 借金などのマイナス財産については、相続財産管理人によって債権者が確定され、家庭裁判所の承認を経て弁済の手続きが行われます。 なお、プラスの財産から債権回収が見込めない場合、債権者は連帯保証人に支払い請求することになります。

相続放棄したら預貯金はどうなる?

2.相続放棄と預金解約の関係

金融機関が被相続人の死亡を把握した場合、口座は凍結されてしまいます。 これを引き出すには、預金解約の手続きを行う必要があります。 しかし、金融機関で預金解約の手続きをして、そのお金を消費すると「相続財産の処分」に該当してしまいます。

相続放棄した土地はどうなる?

民法239条第2項では、「所有者のない不動産は、国庫に帰属する」としています。 つまり、不動産を相続する権利のある相続人(被相続人の子、親、兄弟姉妹)全員が、被相続人が所有していた実家などの不動産の相続を放棄すると、その不動産は国に継承されるのです。

相続放棄した場合の財産はどこにいくの?

相続人全員が相続放棄した場合、借金を返済して残った財産については国庫に帰属します。 債権者への借金の弁済は相続財産管理人が行いますので、相続人が対応する必要はありません。

直系尊属とは何?

直系尊属とは、父母・祖父母など自分より前の世代で、直通する系統の親族のことです。 また、養父母も含まれます。 ... 直系卑属とは、子・孫など自分より後の世代で、直通する系統の親族のことです。

直系尊属 代襲相続 どこまで?

被相続人の配偶者は、常に相続人となりますが、その他にも被相続人の子、直系尊属(通常、父母)、兄弟姉妹がいる場合には、この順番に従い、相続人となります。 代襲相続とは、本来相続人となる被相続人の子又は兄弟姉妹がすでに死亡していた場合等に、その者の子が代わって相続することを指します。

相続の遺留分とは何?

遺留分(いりゅうぶん)とは、一定の相続人に対して、遺言によっても奪うことのできない遺産の一定割合の留保分のことをいいます。 ... これが遺留分の制度です。 ・遺留分を有する者は、配偶者、子(代襲相続人も含む)、直系尊属(被相続人の父母、祖父母)であり、兄弟姉妹は遺留分を有しません。

遺産相続 どのくらいかかる?

相続財産を確認し、相続人同士の遺産分割協議を終えて、預貯金などの相続財産を使えるようになるまでに、スムーズに進んでも3カ月程度は必要となるでしょう。 また、財産の種類が多く確認に時間がかかったり、遺産争いになったりした場合、数年かかる可能性も考えられます。

遺産相続はいつぐらいにするのがいい?

相続開始日は「被相続人が死亡した日」です。 具体的には「死亡診断書」や「死体検案書」に書かれた「死亡日」が相続開始日になります。 役所へ死亡届を提出すると被相続人の戸籍(除籍)に「死亡日(相続開始日)」が記載されるので、相続開始日を知りたければ戸籍をとると良いでしょう。

遺産相続は誰に相談すればいい?

相続税に関する相談であれば税理士、登記に関する相談であれば司法書士にするのが一般的です。 しかし、弁護士事務所は税理士や司法書士と連携していることが多く、弁護士事務所に依頼することで相続税申告や相続登記まで済ませられるケースも珍しくありません。

前の記事
渡御する 神輿を何と言う?
次の記事
再就職手当 何パーセント?