左心室の収縮力を抑制するのはどれか?

β遮断薬は心臓への交感神経の働きを抑制する作用があり、心拍数を低下させるとともに収縮力を抑制する。

降圧利尿薬により血中濃度が低下するのはどれか?

降圧利尿薬により血中濃度が低下するのはどれか。 尿中へのナトリウム排泄が増大するため血中ナトリウム濃度は低下する。

昇圧作用があるのはどれか?

昇圧効果のある薬には、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、ドブタミンなどがあります。

血圧を上げる作用をもつのはどれか2?

血圧を上げる作用を持つのはどれか。 2つ選べ。 腎臓から分泌されるレニンは、アンギオテンシノゲンをアンギオテンシンⅠに変換し、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン(RAA)系を働かせ、血圧を上げる。

小児の外来看護で最も優先されるのはどれか?

他の子どもへの感染を予防するため、感染症状の有無をチェックし、特に小児感染症などを疑う場合は待合室や診察室を別にするなど隔離する必要がある。 子どもが受診した際に、すぐに確認が必要な事項で、最も優先される。

看護師国家試験出るとこだけ『高血圧』 聞いて覚える。#必修問題 #看護師国家試験 #看護学生 #看護学生勉強

入院中の乳児のバイタルサインで最初に測定するのはどれか?

入院中の乳児のバイタルサインで最初に測定するのはどれか。 測定の順番は、呼吸→脈拍→体温→血圧の順である。 呼吸は安静または睡眠時に測定することが望ましいため、最初に測定する。

出生時にみられるのはどれか?

把握反射は、新生児が反射的に指などのものを握ろうとする反射である。 出生時にみられ、生後5~6か月で消失する。 緊張性頸反射は、仰臥位の状態で頭部を片側に向けると、顔が向いた側の上肢と下肢が伸展し、反対側の上肢と下肢が屈曲した姿勢になる反射である。 生後2~3か月で消失する。

血圧を上昇させるのはどれか。2つ選べ セロトニン?

血圧を上昇させるのはどれか。 2つ選べ。 セロトニンには血管の収縮作用があり、血圧を上昇させる。 ヒスタミンは血管を拡張させるため血圧を低下させる。

レニンの分泌が亢進するのはどれか?

レニンは腎臓の糸球体傍細胞から分泌されており、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系を亢進する。

血圧を上げる作用があるのはどれか?

血圧は様々な物質やストレスによって上がったり下がったりします。 「ナトリウム」「アドレナリン・ノルアドレナリン」は血圧を上げ、「カリウム」「キニン・プロスタグランディン」は血圧を下げる効果があります。

鍵のかかる堅固な設備で保管しなければならないのはどれか?

麻薬の保管は、「麻薬及び向精神薬取締法」により、鍵のかかる堅固な設備内に貯蔵しなければならないと定められている。

血糖値上昇作用があるのはどれか?

血糖を上げる作用に影響があるホルモンには成長ホルモン、副腎皮質ホルモン(コルチゾール・アルドステロン)、副腎髄質ホルモン(カテコールアミン)、甲状腺ホルモン、グルカゴン、ソマトスタチンなどがあります。 これらのホルモンが必要以上にたくさん分泌されると血糖値が上昇します。

C型肝炎に使用するのはどれか?

C型肝炎の治療薬にはインターフェロン、ペグインターフェロン、リバビリン、直接作用型抗ウイルス薬(レジパスビル、ソホスブビルなど)がある。

膿瘍の発症に関与した副腎皮質ステロイドの副作用はどれか?

副腎皮質ステロイドには副作用として易感染がある。 Aさんの膿瘍は、副腎皮質ステロイドにより免疫力が低下したために発症したと考えられる。 副腎皮質ステロイドの副作用に高血圧があるが、膿瘍の発症に直接関与しない。 副腎皮質ステロイドは、白血球の働きを抑えるので創傷治癒を遷延させることはあるが、膿瘍の発症に直接関与しない。

内服薬の初回通過効果が主に起こる部位はどこか?

医薬品の多くは経口から服用する。 主な吸収部位は小腸で、小腸から吸収された医薬品は門脈より肝臓を通過した後、心臓から全身へ送り出される。 一部の医薬品は最初に肝臓を通過するときに代謝される。 これを初回通過効果という。

心房細動で発症のリスクが高まるのはどれか?

心房細動で発症リスクが高まるのはどれか。 心房細動では心房内に血栓が生じやすく、これが塞栓子となり脳塞栓を起こすリスクが高い。 脳出血は高血圧が発症リスクを高める。

低血糖によって分泌が促進されるのはどれか?

糖質コルチコイド(コルチゾルなど)には糖新生による血糖上昇作用がある。 したがって、低血糖になると副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌は促進され、これにより糖質コルチコイドの分泌が促進される。

状態によって分泌が促進されるホルモンの組み合わせで正しいのはどれか?

状態とそれによって分泌が促進されるホルモンの組合せで正しいのはどれか。 血糖値上昇によって分泌が促進されるホルモンは、血糖値を低下させる作用を有するインスリンである。

交感神経の作用で正しいのはどれか?

交感神経はストレスや緊張時に、体を興奮させ、活発に活動させる態勢を整えます。 逆に副交感神経は、眠っているときやリラックスしたときに、人間の活力を蓄えるように働きます。

血圧を上昇させるのはどれか セロトニン?

セロトニンは、血管平滑筋に作用して血管を収縮させることにより血圧を上昇させます。

二次性高血圧症の原因となるホルモンはどれか?

二次性高血圧の一つ、原発性アルドステロン症は、アルドステロンというホルモンの過剰分泌が原因で起こります。 アルドステロンとは副腎から分泌されるホルモンで、体内の塩分を増やす作用があります。 これが過剰に分泌されると、塩分を摂り過ぎていなくても、血圧が上昇するのです。

収縮期血圧の上昇をきたす要因はどれか?

収縮期血圧の上昇をきたす要因はどれか。 副交感神経が興奮すると、心拍出量は減少し血管も弛緩するため、収縮期血圧は低下する。 交感神経が興奮すると収縮期血圧が上昇する。

新生児期にみられないのはどれか?

新生児期にはみられず、原始反射ではない。 大脳の機能が未発達なために新生児に生じる反射を原始反射という。 原始反射が関与する随意運動ができるようになるとその原始反射自体は消失する。

正常新生児に対して出生後 2時間以内に実施するのはどれか?

正常新生児に対して出生後2時間以内に実施するのはどれか。 出生後2時間以内では、中耳に羊水などの液体が貯留していることが多いため、聴力検査を行うことは適切ではない。 産道感染による眼病(新生児結膜炎)を予防するため、出生直後に抗菌薬の点眼を行う。

要介護認定の申請先はどれか?

要介護認定の申請先は市町村である。 コンピュータによる一次判定のあと、介護認定審査会による二次判定の2段階で行われる。 申請先は市町村だが、要介護認定を受けるには診療所や病院の主治医の意見書が必要である。

前の記事
有線と無線どっちが安全?
次の記事
9月を何と言う?