血液中のカルシウムイオンが低下した際に、ホルモン分泌量が増加するのはどれか?

血液中のカルシウム濃度が低下すると、副甲状腺でつくられる副甲状腺ホルモンの量が増加します。

血液中のカルシウムイオン濃度が低下した際に,ホルモン分泌量が増加するのはどれか。(選択必須)?

血液中のカルシウムイオン濃度が低下した際に、ホルモン分泌量が増加するのはどれか。 膵島にて分泌されるホルモンはインスリン、グルカゴン、ソマトスタチンで、血糖値の調節を行う。 甲状腺から分泌されるカルシトニンは、血中カルシウム濃度を低下させる働きをもつので、低下した場合に分泌量は増加しない。

血液中のカルシウムイオン濃度が低下した際に,ホルモン分泌量が増加するのはどれか。 1?

副甲状腺ホルモン(PTH)であるパラソルモンは、骨中の破骨細胞の活性化や腎臓でのカルシウム再吸収を促進して、血中カルシウム濃度を上げる。 したがって、血液中のカルシウム濃度が低下した場合は、分泌量が増加する。

血中のカルシウム濃度を上昇させるホルモンを分泌する器官はどれか?

血中カルシウム濃度を上昇させるホルモンを分泌する器官はどれか。 副甲状腺ホルモンであるパラソルモンは、骨中の破骨細胞の活性化やカルシウムの再吸収を促進して、血中カルシウム濃度を上げる。

血中のカルシウム濃度が低下したときに分泌されるホルモンはどれか?

副甲状腺ホルモン(PTH)は、副甲状腺から分泌されるホルモンで、血液中のカルシウム濃度が低下すると分泌され、骨に含まれるカルシウムを血液中へ放出させ、腎臓に作用してリンの再吸収を抑制し、カルシウムの再吸収を促します。

【解説】血液中のカルシウムイオン濃度が低下した際に、ホルモン分泌量が増加するのはどれか【看護師国家試験第108回 午前080問】

血中カルシウム濃度を低下させるのはどれか?

甲状腺から分泌されるカルシトニンは、破骨細胞を抑制させて骨形成を促進することにより、血中カルシウム濃度を低下させる。

副交感神経の作用で起こるのはどれか?

交感神経はストレスや緊張時に、体を興奮させ、活発に活動させる態勢を整えます。 逆に副交感神経は、眠っているときやリラックスしたときに、人間の活力を蓄えるように働きます。

低血糖によって分泌が促進されるのはどれか?

糖質コルチコイド(コルチゾルなど)には糖新生による血糖上昇作用がある。 したがって、低血糖になると副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌は促進され、これにより糖質コルチコイドの分泌が促進される。

状態によって分泌が促進されるホルモンの組み合わせで正しいのはどれか?

状態とそれによって分泌が促進されるホルモンの組合せで正しいのはどれか。 血糖値上昇によって分泌が促進されるホルモンは、血糖値を低下させる作用を有するインスリンである。

排尿時に収縮するのはどれか?

膀胱平滑筋は排尿筋ともいわれ、蓄尿時に弛緩し、排尿時に収縮する。 内尿道括約筋は、膀胱出口にあるため膀胱括約筋ともいわれ、蓄尿時に収縮し、排尿時に弛緩する。 外尿道括約筋は、随意で制御できる骨格筋でできており、蓄尿時は収縮させ、排尿時は弛緩させることができる。

性周期が規則的で健常な成人女性において 着床が起こる時期に血中濃度が最も高くなるホルモンはどれか?

着床が起こるのは黄体期であり、この時期は黄体ホルモン(プロゲステロン)の血中濃度が最も高くなっている。

カルシウム代謝に関わるホルモンを分泌するのはどれか?

破骨細胞は、骨からカルシウムを血液中に放出します。 これを調節している器官が副甲状腺です。 血中カルシウム濃度が低下すると、副甲状腺から副甲状腺ホルモン(パラソルモン)が分泌され、破骨細胞を刺激してカルシウムを 放出させます。

体の変化とそれによって増加するホルモンとの組合せで正しいのはどれか。(第96回 )?

体の変化とそれによって増加するホルモンとの組合せで正しいのはどれか。 血糖値の上昇によって分泌されるのはインスリンである。 グルカゴンは血糖値の低下によって増加する。

頻回の嘔吐で生じやすいのはどれか?

頻回の嘔吐では体液の喪失から脱水が起こりやすい。 頻回の嘔吐で体液を失うと脱水状態になり血液が濃縮されるので、逆に赤血球数やHb値は上昇する。 胃酸は塩酸(HCl)であり、大量に失った場合は血液がアルカリ性に傾く代謝性アルカローシスがみられる。

甲状腺ホルモンの分泌を低下させるのはどれか?

ヨード欠乏症は甲状腺ホルモンの分泌低下を招き、発育や新陳代謝に影響を及ぼす。 吸収不良症候群ではカルシウムの吸収が低下する。 そのため副甲状腺ホルモンの分泌が亢進され、破骨細胞の活性を上げてカルシウムを吸収する。

甲状腺機能亢進症の症状で正しいのはどれか?

甲状腺機能亢進症では、甲状腺の活動が亢進して甲状腺ホルモンが高値になる。 甲状腺ホルモンが高値になると、全身倦怠感、微熱、体重減少、食欲旺盛、下痢、動悸、頻脈、高血圧、発汗多量、皮膚の湿潤、手指の震え、イライラ、月経異常などの症状が出現する。

副腎髄質ホルモンの作用で正しいのはどれか?

副腎髄質ホルモンはカテコールアミンと総称され、アドレナリン・ノルアドレナリンを分泌する。 働きは心機能促進や血糖上昇や血圧上昇作用である。

ストレス下で分泌されるホルモンはどれか?

アドレナリンは、交感神経の刺激によって副腎髄質からの分泌が亢進する。 したがって、ストレス下で分泌されるホルモンである。

レニンが分泌される臓器はどれか?

レニンは腎臓の糸球体傍細胞から分泌されており、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系を亢進する。

低血圧によって分泌が刺激されるのはどれか?

腎臓糸球体付近の血圧が低下すると、レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系が働いて、副腎皮質からアルドステロンが分泌される。

低血糖によって分泌が促進されるのはどれか グルカゴン?

血糖値が低下すると「すい臓のランゲルハンス島の A 細胞」が感知し,「グルカゴン」 というホルモンが血液中に分泌される。 グルカゴンは肝臓に貯蔵されているグリコーゲン をグルコースに分解させ,血糖値を上昇させる。

視床下部ホルモンにより分泌が抑制されるのはどれか?

視床下部における,その主な機能は下垂体前葉ホルモンである プロラクチン prolactin の分泌を抑制する。

副交感神経の作用はどれか 瞳孔の収縮?

副交感神経系の作用はどれか。 2つ選べ。 瞳孔括約筋をはたらかせ、瞳孔を収縮させるのは副交感神経である。 汗腺にはたらき発汗の促進を行うのは交感神経である。

副交感神経の作用はどれか心拍数?

心拍数の低下は副交感神経の作用である。 交感神経の作用で心拍数は増加する。 気管支の拡張は交感神経の作用である。

副交感神経の活動亢進で誤っているのはどれか?

消化液の分泌は副交感神経によって亢進され、消化・吸収が盛んになる。

前の記事
オクラ どのくらいもつ?
次の記事
生理前いつから便秘になる?