足のむくみは何科に行けばいいの?

むくみの原因はいろいろあるので、まずは内科を受診しましょう。

足のむくみは何科に行けばいい?

血管外科について 足のむくみや静脈瘤(足の血管がぼこぼこしている)、閉塞性動脈硬化症(動脈硬化による足の血流障害)など下肢を中心とした血管疾患の診断および治療を行います。

下肢静脈瘤は何科に行けばいいの?

下肢静脈瘤を診療するのは、主に血管外科です。 しかし、血管外科は日本ではまだあまり多くなく、ほとんどの病院では心臓血管外科が血管外科の病気を診療しています。 病院によっては一般外科・皮膚科・形成外科などでも診療を行っているところがあります。 また、最近では下肢静脈瘤を専門に扱うクリニックも増えています。

足がつったときは何科に行けばいいの?

例えば、糖尿病だと喉が渇く、手足がしびれる。 腎疾患の場合はむくみが出るといった具合です。 こうした症状に加え、日常生活に支障をきたすほど頻繁に足がつるという方は、一度病院へご相談ください。 四谷・血管クリニックは下肢静脈瘤治療の病院で、血管外科の他に内科も併設しています。

足のむくみは何の病気?

足のむくみでお悩みの方も多いと思いますが、何らかの病気の症状としてむくみが現れる場合があります。 主な原因疾患として、腎臓病や腎不全、心不全、肝硬変などが挙げられ、下肢静脈瘤やリンパ浮腫により足のむくみが起こることもあります。

むくみが起こる病気についてまとめてみた

足のむくみはどうしてなるのでしょうか?

脚のむくみは一般に、立ち仕事の人に多い症状ですが、実はデスクワークの人にもよくみられます。 どちらも同じ姿勢を続けることで、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。 また疲れがたまったときや、睡眠不足になったときなどにも、脚のむくみが起こりやすくなります。

足のむくみはどうして出るの?

人間の下半身には全体の7割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を心臓に戻します。 つまり血液を心臓に戻すには、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる必要があります。 これがなんらかの理由でうまくいかなくなるとふくらはぎで血液が停滞して足がむくみます。

足が攣るのは何故か?

こむら返り(足がつる)は一般的に、急に体を動かしときに起こりやすい症状ですが、栄養不足や水分不足、冷え、熱中症、急激な寒暖差が原因で起きることがあります。 足を酷使したり筋肉疲労以外でも頻繁に足がつる場合、食生活の見直しやこまめな水分補給により体内のミネラルバランスが整うことで、症状の改善が期待できる場合があります。

太もも つったらどうすればいい?

つった方の足の甲を手で持って、かかとを太ももの裏につけるようにします。 これで太ももの前側の筋肉が伸ばされるので、しばらくすると痛みが治まってきます。 すぐに治まらない場合は、辛抱強く伸ばしてみて下さいね。

足がつった時どうしたらいいの?

足がつって困ったときは、収縮した筋肉を伸ばすようにしましょう。 座ってつった足を前に伸ばし、両手でつま先をつかんで身体のほうへゆっくりと引っ張ります。 ゆっくりと深呼吸してリラックスした状態で行うのがポイントです。 足の筋肉をほぐすには、ふくらはぎのストレッチがおすすめです。

下肢静脈瘤 何?

1. 下肢静脈瘤とは? 体のすみずみに行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といい、足の静脈が太くなって瘤(こぶ)状に浮き出て見えるようになった状態を下肢静脈瘤といいます。 静脈瘤が下肢に起こりやすいのは、心臓から遠い位置にあることや、人が立って生活していることが関係しています。

下肢静脈瘤とはどんな病気ですか?

足の血管がコブになる病気、それが下肢静脈瘤。 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。 下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のようにふくらんだ状態のことをいいます。 下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命にかかわることはありませんので安心してください。

下肢静脈瘤 進行するとどうなる?

下肢静脈瘤は良性の病気なので、放置しても命に係わることはありませんが、静脈のボコボコが目立つようになったり、むくみやだるさなどの症状でQOL(生活の質)の低下につながるおそれがあります。 さらに悪化すると湿疹や色素沈着などの皮膚炎がおきたり、潰瘍といって皮膚の一部に穴があくことがあります。

手のむくみは何科を受診?

皮膚科や外科など病院へ行きましょう。 早期に病院で検査を受け、むくみの原因を突き止めることで、適切に治療していくことが可能になります。

むくみ 放っておくとどうなる?

むくみを放置すると足のむくみで歩きにくい、体がだるい、重い、疲れが取れにくくなるなどの症状につながってしまいます。 一時的ではなく、慢性的に足がむくむ「慢性下肢浮腫」になる可能性も。 足の血管の病気「下肢静脈瘤」にも注意が必要です。

顔がむくむのはなぜ?

重力により水は高いところから低いところに移動するため、夜寝ている間は顔に水分が溜まりやすくなります。 余分な水分の滞りが顔の皮膚の下で起こった状態が“顔のむくみ”です。

肉離れってどのくらいで治るの?

通常は固定して回復するまで2~4週間かかるところが、ほとんどの場合3~4日、長くても2週間程度で回復します。

すねがつったらどうする?

<すねやももがつったとき>

足の力を抜きながら、筋肉の緊張をほぐしつつ、足首をゆっくり回す。 膝を伸ばした状態で座り、つっている方の足のつま先をもってゆっくり手前に引く。 立った状態で壁に手を当てながら、アキレス腱を伸ばすように足を前後に開き、つっている方の足のふくらはぎをゆっくり伸ばす。

つるってどういうこと?

「つる」とは、足や手などの筋肉が伸縮バランスを崩してしまうことで、異常な収縮を起こし、元に戻らない状態をいいます。 筋肉は縮めろと緩めろという脳からの指令を受けてバランスよく動かされています。 例えば、横になって寝ているときは筋肉が緩んだ状態にあります。

夜中足がつるのはなぜ?

A. 睡眠中に突然、強い痛みをともなったふくらはぎの収縮と筋肉のこわばりにより、動かせなくなるのが、足がつる時の特徴です。 日常生活の疲れが積み重なると生じます。 また、冷えによる血行不良やミネラルのバランスが崩れた時にも起こります。

寝てる間に足がつるのはなぜ?

夏場に冷房をつけっぱなしで寝たり布団をかけずに寝ると、足の筋肉が冷え血管も収縮し、血行はさらに悪くなります。 こういった悪い状況でイオンのバランスが崩れているときに、たまたま寝返りをうって筋肉に刺激が加わると、筋肉の細胞が暴走して過剰な収縮が発生しやすくなってしまうのです。

寝てて足がつるのはなぜ?

特に睡眠中に足がつるという方が多いですが、それはなぜなのでしょうか。 考えられる理由としては、まず寝ている姿勢にあります。 横になると足の甲と脛が一直線になり、その状態が長時間続きます。 すると感覚器官の働きが鈍り、足がつりやすくなるのです。

足のむくみはどうしたら治るの?

まずは生活習慣を整え、ストレスや過度の飲酒・暴飲暴食を控えることが大切になります。 生活習慣を変えることで、血流をコントロールする自律神経が整い、むくみの改善につながる可能性があります。 また、立ちっぱなしによるむくみは、足の筋肉を動かしたりほぐしたりして、足全体の血流をよくすることがむくみの治療になります。

足のむくみは水分の摂りすぎですか?

まとめ 足のむくみの原因となっているのは水分の取り過ぎではなく、水分が足りていない可能性があります。 むくみを解消するには毎日適度な水分を補給すること、そしてふくらはぎの筋肉を動かすことを意識することが重要です。 座りっぱなしの人はこまめに立ち上がったり歩いてみましょう。

むくみはなぜなる?

加齢などにより皮膚の張りが失われていくと、細胞外にあふれ出た水分に毛細血管に戻るための圧が掛かりにくくなります。 結果、むくみやすくなります。

前の記事
緑茶を飲むのはいつがいい?
次の記事
インスタリポストどうなる?