明々後日の次は何と言いますか?

「明明後日(しあさって)」あるいは「弥の明後日(やのあさって)」など。 また,地方によっては明明後日(しあさって)を4日後とし, 弥の明後日(やのあさって)を3日後にしているところもあります。

一昨日の次は何?

さきおとつい さきおとつい【一昨昨日】[名] さきおととい。 「おととい」の前日。 3日前。

ごあさっての次は何?

し‐あさって【明日】

明後日の翌日。 「あさって」の翌々日をいう地方もある。 みょうみょうごにち。

明々後日とは何日後?

明々後日(明明後日、しあさって、みょうみょうごにち、英: two days after tomorrow)とは、明後日の次の日、すなわち今日より3日後の日である。 地域により弥の明後日。

明々後日の次の日って何て言うの?

あした(明日)、あさって(明後日)、しあさって(明々後日)ときて、次は何というのでしょうか。 「しあさって」の次だから、「よあさって」? 「やのあさって(弥明後日、または 弥の明後日)」というのだそうです。

結婚1週間で、クソ嫁の不倫再開。間男は公務員で同じ部署の歳の差なんと23歳のおっさん!しかも不倫のみならず托卵も?!

しあさっては何日後?

【NO. 05】 方言:明日、あさって、ささって、しあさって

「ささって」これは伊勢志摩地方で3日後を意味した言葉である。 3日後といえば、「しあさって」でしょ?となるかもしれないが、 ちゃんと「しあさって」という言葉もあります。 4日後の意味で…。

四日後なんていう?

弥の明後日(やのあさって、英: three days after tomorrow)とは、明後日の次の次の日、すなわち今日より4日後の日である。 「やなあさって」「やねあさって」ともいい、明々々後日(みょうみょうみょうごにち)ともいう。 また、地域により明々後日(しあさって)、五明後日(ごあさって)ともいう。

四日後 なんて言う?

「明明後日(しあさって)」あるいは「弥の明後日(やのあさって)」など。 また,地方によっては明明後日(しあさって)を4日後とし, 弥の明後日(やのあさって)を3日後にしているところもあります。

2日前を何と言うか?

一昨日(いっさくじつ、おととい、おとつい、英: day before yesterday)とは、昨日の前の日、すなわち今日より2日前の日である。

やのあさって なぜ?

東京を除く東日本では、「やのあさって」や「やなあさって」が多く用いられる。 「やのあさって(やなあさって)」の「や」は、「いや(弥・彌)」の「や」と同じで、物事がたくさん重なることや、程度がより甚だしいさまを表す語である。 「あさっての翌々日(しあさっての翌日)」を表す言葉は、西日本では「ごあさって」と言う。

一昨々日 いつ?

今日の三日前。 一昨日の一日前。 一昨昨日(一昨々日)。 さきおとつい。

3日前のことを何という?

いっさく‐さくじつ【一昨昨日】

三日前。 さきおととい。

昨日をなんていう?

昨日/昨日 の使い分け

二語とも、今日の前の日をいう。 「昨日(さくじつ)」の方が、改まった言い方。

ささっては何日後?

では、なぜこの地域にだけ「ささって」という方言が残ったのでしょうか。 この地域の人たちが、1日後を「あす」、2日後を「あさって」、3日後を「ささって」、4日後を「しあさって」というように、「さ=3」「し=4」と解釈して使い続けたからでしょうか。

5日後を何という?

「やなあさって」「やねあさって」ともいい、明々々後日(みょうみょうみょうごにち)ともいう。 また、地域により明々後日(しあさって)、五明後日(ごあさって)ともいう。

先日とは何日前のことですか?

一般的に「先日」は、短くて3日前、長くて1ヶ月程度前までの意味合いで使用されます。 1〜2日前の場合には「昨日」「一昨日」を使う場合が多く、逆に1ヶ月以上前であれば「先月」と言い表すことが多いでしょう。

先日とはいつまでのことか?

先日の語には、いつからいつまでを指すかという定義はなく、人それぞれの解釈により異なる。 先日の類義語には「先般」「この間」「先頃」などが挙げられる。 先日という場合、一般的には、一昨日(2日前)から1か月前程度を指すことが多い。 ... 先日よりも前の日を指す語には「過日」が挙げられる。

何日前 丁寧語?

1日前は「昨日」それより前は「先日」、更に過去の日を指す際は「過日」と使い分けてください。 また、ビジネスシーンで話す際は、「きのう」ではなく、丁寧な言い方である「さくじつ」を使うようにしましょう。

昨いつ?

さき‐おととい〔‐をととひ〕【一日】 おとといの前の日。

明明後日 なんて読む?

し‐あさって【明日】 の解説

今日から数えて未来へ4日目。 明後日の翌日。 「あさって」の翌々日をいう地方もある。 みょうみょうごにち。

やなさって は いつ?

弥の明後日(やのあさって、英: three days after tomorrow)とは、明後日の次の次の日、すなわち今日より4日後の日である。 「やなあさって」「やねあさって」ともいい、明々々後日(みょうみょうみょうごにち)ともいう。 また、地域により明々後日(しあさって)、五明後日(ごあさって)ともいう。

しあさって 方言 どこ?

しあさってまでにこの仕事をやっとかんなん(やっておかなければならない)。 東日本(静岡県伊豆半島、山梨県、長野県北部、新潟県以東)の「やのあさって」と東西対立する語。 ただし、東京の中心部では「やのあさって」は(こちらと同じ日を指す)「しあさって」の翌日を意味するとのこと。

やのあさって 方言 どこ?

やのあさって (岩手の方言) の意味

おとつい 方言 どこ?

方言 本来、「おととい」と呼ぶ地域は、関東地方、東北地方の太平洋側、九州地方中央部に多い。 近畿地方、岐阜県周辺、中国地方、四国地方、宮崎県、福岡県などでは「おとつい」と呼ぶ地域が多い。 青森県から日本海側を経て、長野県北信地方にかけては「おとといな」など、後ろに「な」を付けて呼ぶ地域が広がっている。

前の記事
水1mlは何g?
次の記事
ゴキブリはどこでもいる?